Things

新潟にスパイス料理の魅力を伝える、駅前の「SPICEON」。

今年の4月、新潟駅万代口の真ん前に新しいお店が登場しました。その名も「SPICEON(スパイスオン)」。「ぱりんこ」や「雪の宿」といった米菓でおなじみの三幸製菓がプロデュースした、スパイス料理のお店です。どうしておせんべいじゃなくてスパイスカレーなのか。三幸製菓株式会社の和田さんにお話を聞いてきました。

 

 

三幸製菓株式会社

和田 結花 Yuka Wada

1981年燕市生まれ。東京の大学で国際文化学部を専攻。ドイツに留学するなどして語学を学ぶ。卒業後もイギリスに留学して英語を勉強し、帰国してからは英会話スクールで働く。教育関係の仕事を経て三幸製菓株式会社に入社。今回のプロジェクトメンバーに参加し、2021年4月に「SPICEON」を立ち上げる。趣味は読書で、小説、エッセイ、紀行などなんでも読む。

 

おせんべいの会社が、スパイスカレーを作った!

——和田さんは三幸製菓の方なんですよね。「SPICEON」にはどのように関わっているんですか?

和田さん:この場所は三幸製菓の所有している物件で、「チャレンジ店舗」として社員がやりたいお店に挑戦できることになったんです。ラーメンやカレーなど社員が出し合ったいろいろなアイデアの中から、新潟にはまだそんなに多くない「スパイスカレー」のお店をやってみようということになって、社内でプロジェクトチームが組まれたんですよ。

 

 

——そのプロジェクトに和田さんも参加したんですね。他にはどんな方がメンバーだったんですか?

和田さん:普段、米菓の開発をしている人、パッケージデザインを担当している人、個人的にスパイスカレーが好きな人といったメンバーですね。私は「SPICEON」の運営を担当するグループ会社「HAPPY CUBE株式会社」に関わっている総務部の人間ということで参加しました。

 

 

——そのHAPPY CUBEさんは、どんなことをしている会社なんですか?

和田さん:食と健康の総合カンパニーで、「ANYTIME FITNESS」「ちゃーしゅうや武蔵」などのフランチャイズ事業を展開していて、地元商店街の活性化といった地域貢献を行うことを目的にしている会社なんです。

 

——なるほど。でもそのHAPPY CUBEさんやプロジェクトチームの中に、スパイスカレーについて詳しい人っていたんですか?

和田さん:私たちは米菓についてはプロですけど、スパイスカレーについての知識はほとんどなかったんです。そこで、新潟出身のスパイス料理研究家・一条もんこさんにスパイスカレーの監修をお願いして、レシピを作っていただきました。何度かやり取りをしながら、「スパイシーキーマカレー」と「濃厚バターチキンカレー」の2種類を作りました。

 

 

カレーだけじゃない、おすすめのスパイスメニュー。

——それぞれ、詳しく教えてください。

和田さん:8種類のスパイスを使って作る「スパイシーキーマカレー」は、ひき肉の食感が強くて食べ応えがあります。「濃厚バターチキンカレー」はトマトやバターの濃厚さが感じられて、日本人受けするカレーになっています。どちらも使っている新潟米の「こしいぶき」に合うよう作られているんです。

 

 

——食べてみると、そんなに辛くないんですね。

和田さん:マニアックな方だけではなくて、幅広い方々にスパイス料理の魅力を伝えていきたいと思っているんです。そういう意味ではスパイス料理の入門編みたいに「SPICEON」を利用していただけたらと思っています。辛さが物足りない方には、卓上調味料でお好みの辛さに調節していただくこともできるんですよ。

 

——なるほど。カレー以外のメニューにはどんなものがありますか?

和田さん:厳選したパンを使った「フレンチトースト」はメイプル入りシロップをかける「プレーン」と、お店で提供しているチャイシロップをかける「チャイ」のふたつからお好みの味を楽しめます。とくに「チャイ」は私のイチ押しメニューなんです。「7種のスパイスピクルス」もおすすめかな。

 

 

——ひとつのメニューで好きな味を選べるのっていいですね。

和田さん:「マサラポテト」もジャーマンポテト、クミンソルト、ソルト、チャートマサラの4種類からお好きなスパイスパウダーを選ぶことができます。

 

——ドリンクメニューも色々揃っているんですね。

和田さん:スパイスを使ったドリンクを中心に揃えています。私のおすすめは「クラフトコーラ」ですね。あと新潟らしいメニューとしては八海醸造の「RYDEEN BEER(ライディーンビール)」も飲めますよ。

 

 

——オープンしてまだ間もないですが、今後はどんなふうに営業していきたいですか?

和田さん:新潟駅前という立地もあって交通の便がいいので、もっとたくさんの人に立ち寄っていただきたいですね。若い方にもカフェとしてどんどん利用していただきたいです。そのためにもカフェメニューを充実させて、おしゃれなカフェ要素を前面に押し出していきたいと思います。そうすることで、魅力的なスパイスの世界を少しでも多くの新潟の人たちに伝えていきたいですね。

 

 

食事としてスパイスカレーを味わうだけじゃなく、カフェとしてドリンクやスイーツも楽しめる「SPICEON」。新潟駅前という場所柄、電車やバス、待ち合わせまでの時間つぶしにも便利そうですね。

 

 

SPICEON

新潟県新潟市中央区東大通1-1-1

025-248-8377

11:00-22:00

無休

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP