Things

ハワイのローカルスイーツを新潟に伝える「ハシモトマラサダドーナツ」。

皆さんは「マラサダドーナツ」をご存知でしょうか。油で揚げてシュガーをかけたドーナツで、ハワイのローカルスイーツなんです。そんなハワイの名物を西蒲区の住宅街で販売しているのが「HASHIMOTO’S MALASADA DONUTS」の橋本さん。どうしてマラサダドーナツの販売を始めたのか、どんな種類のマラサダドーナツが食べられるのか、橋本さんに聞いてきました。

 

 

HASHIMOTO’S MALASADA DONUTS

橋本 万里子 Mariko Hashimoto

1982年東京都生まれ南魚沼市育ち。東京にある医療事務の学校を卒業後、歯科医院に勤務。25歳のときに新潟の六日町に戻り、結婚を機に新潟市西蒲区で暮らし始める。2017年9月に「HASHIMOTO’S MALASADA DONUTS」をオープン。趣味は散歩と読書で、最近はビジネス書を読んで勉強している。

 

新婚旅行で出会ったマラサダドーナツの味に、ひと目惚れ。

——「マラサダドーナツ」ってどんなドーナツなんですか?

橋本さん:もともとはポルトガルのお菓子だったんですが、ポルトガル人がハワイに移民したときに持ち込んで、今ではハワイやオアフのローカルスイーツになっています。揚げたてのドーナツにたっぷりめのシュガーをまぶしたシンプルなスイーツで、ハワイではおばあちゃんが食べながらおしゃべりしていたり、女の子たちが歩きながら食べたりしているんですよ。気軽に食べられるのが魅力のスイーツですね。

 

——橋本さんはどこでマラサダドーナツと出会ったんですか? やっぱりハワイですか?

橋本さん:新婚旅行で行ったハワイ島で、小さなマラサダベーカリーに立ち寄ったんです。小さいけど雰囲気が良くって、とっても落ち着くお店でした。そこで初めてマラサダドーナツを食べたんです。あまりの美味しさに衝撃を受けましたね。新潟でもこんなマラサダベーカリーがあったらいいなって思ったんですよ。

 

——それで「HASHIMOTO’S MALASADA DONUTS」をオープンしたんですね。

橋本さん:はい。昔から自分のお店をやるのが夢だったんです。子どもが小学校に上がる前に思い切ってマラサダベーカリーに挑戦してみました。

 

 

——お店をつくるにあたって、理想のイメージはあったんですか?

橋本さん:私が最初にマラサダドーナツを食べたハワイのマラサダベーカリーが忘れられなかったので、自分のお店もそんなイメージにしたいって思いました。いかにも「ハワイ」っていう感じじゃなくって、こじんまりしつつも、あったかい感じにしたかったんです。お客様と楽しく会話できるようなお店を目指していて、今ではおしゃべりしに来てくれる常連のお客様も増えましたね。

 

——じゃあ理想通りのお店になったわけですね。どんなお客さんが多いですか?

橋本さん:近所にスーパーがあるので、地元の人が買い物のついでに寄ってくれます。買い物前にオーダーして、買い物帰りに揚げたてのドーナツを受け取っていきますね。あと角田浜や彌彦神社も近いので、ドライブがてら買いに来てくれる方も多いです。

 

とにかく揚げたてホヤホヤのドーナツを食べてほしい。

——マラサダドーナツはどんなふうに作っているんですか?

橋本さん:日本人に合わせたドーナツ生地をずっと探していたんです。ようやく理想的な生地を見つけたので、今ではそこから仕入れた生地を使っています。冷凍状態で送られてきた生地は常温で寝かせて発酵させるんですけど、季節によって温度や湿度が変わってくるので、ちゃんと調節するようにしています。最初はうまくいかなくて、何度も失敗を繰り返しながら試しました。

 

 

——発酵させることで生地が膨らむようになるんですよね? 揚げるときにこだわっていることはありますか?

橋本さん:もっとも美味しく揚がるドーナツの大きさや油の温度があるので、気をつけて調節するようにしています。それからドーナツは揚げたてが一番美味しいので、オーダーをいただいてから揚げるようにしていますね。ただ私ひとりで揚げているので、お客様が重なったりするとお待たせしてしまうこともあるんですよ。そんなときは気長にお待ちいただけると助かりますね。

 

 

——食べるときは、できるだけ早めに食べた方がいいんですね?

橋本さん:そうですね。揚げたてを食べてもらうことを想定して作っていますから。もし2個以上食べるようでしたら、少なくても1個目は揚げたてを味わってほしいですね。揚げたて熱々ドーナツの、さっくりした食感やもっちりした食感を楽しんでいただきたいです。片手でも食べられるスイーツですので、ドライブのお供なんかにもおすすめですよ。

 

——たしかに揚げたては美味しいでしょうね。マラサダドーナツって、いくつか種類があるんですか?

橋本さん:一番人気は「プレーン」です。基本的には揚げたてドーナツの上に、いろんな味のシュガーがかかったシンプルなスイーツなんです。「シナモンシュガー」も人気がありますね。「プレーン」の次に人気があるのは、マラサダドーナツの中にカスタードクリームが入った「マラサダパフ(カスタード入り)」ですね。

 

——季節限定のドーナツもあるんですか?

橋本さん:ありますよ。「今月の期間限定メニュー」として毎月新しいメニューが登場します。夏には「マラサダアイスカップ」も登場するんです。アイスの上にソースを挟んだマラサダドーナツをトッピングしたもので人気があります。

 

揚げたてのマラサダドーナツを、新潟の人たちに楽しんでほしい。

——これから、どんなふうにお店を続けていきたいですか?

橋本さん:定休日の日曜にも買いに来たい、っていうご要望をお客様からいただくんです。でも今は子どもが小さくてなかなか難しいので、子どもがもう少し大きくなったら営業日を増やしたいなって思っています。これからも揚げたての美味しいマラサダドーナツを、ぜひ新潟の皆さんに楽しんでいただきたいと思っています。

 

 

 

HASHIMOTO’S MALASADA DONUTS

新潟県新潟市西蒲区巻甲1446-12

050-3002-9158

9:30-17:00

日曜月曜木曜休

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP