Things

正々堂々、ひとつのメニューで勝負する「本鮪丼なかばやし」。

昨年オープンした「本鮪丼」専門店は、オンリーワンメニュー。

新潟市江南区に昨年オープンした「本鮪丼なかばやし」。その名の通り「本鮪丼」が看板になっているお店なんです。でもこのお店、「本鮪丼」しかメニューがありません。お客さんが選べることといえば、あとはマグロやご飯の量が調節できるのみ。どうしてこういうスタイルのお店を始めることになったのか。オーナーの中林さんにお話を聞いてきました。

 

 

本鮪丼なかばやし

中林 紘一 Koichi Nakabayashi

1983年新潟市江南区生まれ。ビジネス専門学校卒業後、高校時代からアルバイトしていたちゃんこ鍋専門店「大翔龍(だいしょうりゅう)」に就職。36歳までじっくりと修行し、2019年10月新潟市江南区に「本鮪丼なかばやし」をオープン。また2020年4月4日からは夜営業の手羽先専門店「手羽先くずみ」をスタートする。趣味は相撲観戦。

 

なぜ「本鮪丼」しかメニューがないのか?

——とても綺麗なお店ですね。まだオープンしたばかりですか?

中林さん:昨年の10月にオープンしたばかりです。テナントとして店舗を借りて家賃を払い続けるのが嫌だったので、自宅兼店舗という形で新築したんです。店舗スペースは、私とスタッフの2人で回せるような広さを考えて作りました。人件費や家賃を切り詰めた分は食材費に回せるので、お客さんにより美味しい料理を食べてもらえると思ってます。

 

——本当にメニューが「本鮪丼」しかないんですね。これって、結構勇気がいることだと思うんですが。

中林さん:海鮮料理の店がやりたくて、最初は海鮮丼専門店にしようと思ったんですけど、それだとどこの店でもやってるしインパクトに欠けると思いました。そこでもっと絞り込んで本鮪丼の店をやることにしたんです。マグロって全国的に人気があって好きな人が多いですからね。メインをマグロ一本に絞ることで仕入れや仕込みが楽になるし、ひとつに集中して調理することができるんです。丼のスタイルを取ったのはスピーディーに提供できるからですね。時間が限られたランチタイムのメニューですから、お客さんも早く食べれる方がいいと思ったんですよ。

 

——それにしても、他にメニューを増やそうとは思わなかったんですか?

中林さん:この場所は街の中心部じゃないから、よっぽどじゃなければ足を運んでもらえないと思うんですよ。それにはお客さんを引き込むインパクトが必要だと思いますし、そのためにもひとつのメニューに特化した店っていう印象があった方がいいと思ったんです。

 

味はもちろん見た目にもこだわって盛り付ける。

——そもそも「本鮪丼」ってどんな丼なんですか?

中林さん:その名の通り本マグロを使った丼です。大トロ、中トロ、赤身、そしてネギトロの4種類の部位が味わえて、マグロ好きな人にはたまらない丼だと思います。もっとマグロをたくさん食べていっていう人のためにマグロの量を増量した「まぐろ増し丼」もご用意してます。

 

——その「本鮪丼」はどんなところにこだわってるんですか?

中林さん:味はもちろんですが、見た目にもこだわってますね。彩りを考えて盛り付けには気を使っています。美味しいものって世の中にはいっぱいあるじゃないですか。そんな中でアピールするためには見た目に気を使う必要があると思うんです。とくに最近ではInstagramをはじめとしたSNSへの投稿が当たり前ですから、写真を見た人が食べたいと思ってくれるように盛り付けには力を入れてますね。

 

——たしかにマグロの色が綺麗で食べたくなりますね。使っているマグロはどこで仕入れているんですか?

中林さん:長崎から直接仕入れています。本マグロを一匹丸ごと買っているので、いろんな部位のいろんな味を楽しんでもらうことができるんです。冷凍はしていないので、冷凍物のマグロに比べると風味や舌触りがいいんです。

 

元力士の経営するちゃんこ鍋専門店で修行。

——中林さんが料理人になったきっかけは何だったんですか?

中林さん:高校3年生の時に始めたアルバイトがきっかけでした。新潟市中央区にあるちゃんこ鍋専門店「大翔龍」でホールを担当してたんです。専門学校を卒業した後は、そのまま「大翔龍」に就職して調理場の担当になりました。

 

——就職を決めたのはどうして?

中林さん:「大翔龍」のオーナーに惹かれたっていうのはありますね。オーナーは「大鵬部屋」出身の元力士で、新潟に帰ってきて「大翔龍」をオープンしたんです。相撲部屋出身の方だけあって、社長と社員という関係ではなく、師匠と弟子のような関係でしたね。修行を始めたばかりの頃、オーナーから包丁を買ってもらったのは忘れられない思い出になってます。そういう関係が自分には合っていたんでしょうね。普通ではできない体験も色々させてもらいました。

 

——普通ではできない体験ってどんなことですか?

中林さん:オーナーの口利きで相撲部屋の修行体験をさせてもらったんです。力士の髪を結う床山さんたちと一緒に寝起きして、食事の準備をしたりしました。さすがに稽古はできませんでしたけどね(笑)。あと力士って食に対しての感覚が一般人と違うような気がするんです。

 

——感覚が違うっていうのは、どういうことなんでしょうか?

中林さん:巡業で全国を回って、各地の美味しいものを食べたりして、食べることも仕事のうちだったりするせいか、料理に対する知識の質が高くて幅も広いんです。その感覚の面白さにも惹かれましたね。「大翔龍」での修行が今の店でも生かされていると思ってます。

 

本鮪丼と手羽先。ふたつの専門店を経営していく。

——オープンして半年経ちましたけど、今後はどんなふうにお店を経営していきたいですか?

中林さん:4月4日から夜営業の手羽先専門店「手羽先くずみ」を同じ店舗でオープンしたんです。昼は「本鮪丼なかばやし」夜は「手羽先くずみ」をこの店舗で営業しています。今後はこのふたつの店をバランスよく続けていきたいと思ってます。

 

 

若い頃から修行を続けてきたちゃんこ鍋の専門店「大翔龍」の経験を生かし、「本鮪丼」しかメニューのない「本鮪丼なかばやし」をオープンした中林さん。夜は「手羽先くずみ」として手羽先専門店もオープンし、昼と夜で別なお店を営業しています。そのユニークで独特な営業スタイルにこれからも目が離せません。

 

 

 

 

本鮪丼なかばやし

〒950-0132 新潟県新潟市江南区砂岡5-8-62

025-383-8333

11:00-14:00

不定休

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP