ハーレーの魅力を伝えるバイクショップ「Overload Machinery」。

エンジンと排気音。あのドコドコと唸る音こそが、Harley-Davidson。

バイクといえば、ヤンキー漫画に必ず登場したり、海外のモータースポーツとして猛スピードで滑走したり、そんなイメージが強いと思います。バイクが好きな人って、もうとことんバイクが好きですよね。でもバイク好きでなくてもこのワードは一度は耳にしたことがあるはず。アメリカンバイク「ハーレーダビッドソン」。今回は、バイクの魅力、いえ、Harley-Davidson(ハーレーダビッドソン)の魅力について、ハーレー歴17年、新発田市にあるバイクショップ「Overload Machinery(オーバーロードマシナリー)」のオーナーを務める齋藤さんにいろいろとお聞きしてきました。

 

Overload Machinery

齋藤 剛 Takeshi Saito

1982年新発田市生まれ。幼少期を東京で過ごし再び故郷・新発田へ。高校卒業後、仙台の自動車整備関係の専門学校に入学。自動車車体整備士、中古車査定士など多くの資格を有し、バイクの整備からカスタムまで幅広く対応。

 

Harley-Davidsonを知る。どんな歴史があるの?どんなバイク?

大きな車体に、独特のエンジン音。「Harley-Davidson」(以下:ハーレー)の誕生は、アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキー、1903年のこと。ウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビッドソンらが、トマトの空き缶を駆使したキャブレターなどのパーツから、自転車専用バイクエンジンの開発を行ったことがすべてのはじまりでした。その一台こそ、ハーレーダビッドソン第1号(単気筒エンジン、排気量409㏄、3馬力)。とても手作り感が溢れる初号でした。ハーレーの歴史はこのバイクからはじまります。そして1907年にダビットソン家の兄弟たちが加わり、4人の若者たちが創業したモーターサイクルカンパニーが「Harley-Davidson, Inc.」です。長い歴史の中、一時は経営難で幕を降ろしたこともありましたが、復活。アメリカをはじめ世界で名高いモーターサイクルメーカーとして成長しました。

 

100年以上の歴史で、多くのバイク乗りを魅了してきたハーレー。多くの熱狂的なファンを虜にしてきたのは、最先端の技術だけではなく、大迫力の車体、そしてなにより改良が重ねられてきたエンジンです。キーを回した瞬間に鳴り響くその音は、ドコドコとドッシリ腹底に響き渡るサウンド。実際にハーレーの鼓動を体感してしまうと、一瞬で魅了されてしまうのだとか。他の大型バイクでは感じられない躍動感に、いつか自分も乗りたいと憧れを抱くバイカーも多いそうです。

 

バイクの道へと進みはじめたキッカケとストーリー。

――齋藤さんは、幼い時からバイクが好きだったのですか?

齋藤さん:高校時代に進路を決めるじゃないですか? その時点ではバイクに興味はなかったですね。テレビ番組「TVチャンピオン」って、あったの覚えてます? 昔からガンダムをはじめ、ロボットが好きだったんです。たまたまプラモデルのチャンピオンを決める回を観て、プロモデラーになりたいって思っていましたね。

 

――「TVチャンピオン」って、今でも大食い競争とかやっている番組ですよね。

齋藤さん:そうそう。バイクに触れたキッカケは…当時、80年代に流行った、なんちゃってアメリカンみたいな50㏄の小さなバイクを親父が持っていて。建築、模型制作で使うパテっていう材料があるんだけど、それを使ってガンダムとか、いちから削り出して作って塗ったりしていたから、ちょっとタンクを塗ってみないかって話になって…それでバイクに興味を持ちはじめたかな。17歳の冬だったような。

 

 

――バイクのタンクから、齋藤さんはスタートしたんですね。進路はバイク関係へ?

齋藤さん:仙台に「Harley-Davidson Japan」が提携しているハーレー学科がある専門学校があって、そこに通いたかったんだけど、その学科は社会人も通ってくるから実績とかいろいろ必要で。でも、その専門学校の他の学科で自動車整備を2年、板金・車体修理も1年、計3年間いろいろと車について学びました。

 

――結果、専門学校では車を専門に学んだんですね。

齋藤さん:そうなりますね。でも、いろいろ経験しての考えですが、車、バイクとジャンルが決まっていても大きい見方をすると同じ「機械」なんですよね。どこかしらで通ずるものはありますし、どれもエンジンを使っていたり、ボディがあったりと。それに、専門学校に通っていた19歳の時、はじめてハーレーを買ったので、自分なりにいじったりもしていましたね。

 

仕事を繋いでくれた、バイクを通じた出会い。

――専門学校卒業後は、車の整備をされていたのですか?

齋藤さん:いえ、スタートは群馬にあるハーレーをはじめとしたアメ車専門のバイクショップでした。だた、3ヶ月で辞めてしましました(笑)。

 

――早いですね(笑)。どうしてですか?

齋藤さん:単純に、自分のモチベーションですね。正直、専門学校で車の整備というものを学びながら、自分の愛車も触っていたのである程度の整備はすでにできていたんです。当時の感覚を振り返ると、更なるスキルアップを激しく求めてた結果でしたね(笑)

 

――向上心に突き動かされている感じですね。

齋藤さん:専門学校時代からハーレーをいろいろといじっていて、個人でパーツを取り寄せたりしていたんです。当時はインターネットなんて普及してませんから、パーツ専門の通販を探して。自分でカタログを読み漁って、メジャーではないパーツとか、型番からオーダーしたりと、千葉にあるパーツ屋さんにお世話になってました。「仙台の齋藤ですけど…」で通じてしまうほどでした(笑)。

 

 

――変わったお客さんは覚えられてしまう宿命ですね(笑)。

齋藤さん:そうなんですよね(笑)。たまに近況報告みたいな会話もしていて、そのパーツ屋さんの社長とも飲む機会ができ…いろいろと話をさせてもらって、拠点を千葉へと移したわけです。

 

――一緒に働くことになったんですね。

齋藤さん:部品のオーダーを受けて発送をしているだけの会社だったんですが、整備も含めたバイクショップをやろうと思う。そんな話がでたけど、思い描いているタイミングでない事もあって…。そうなるともう向上心が騒ぎ始めていまして(笑)

 

――あくまで予定段階だったんですね。

齋藤さん:専門学校時代から乗っていたハーレーって、千葉で購入したんですよ。そしたら同じ県ってこともあり、たまたまその自分がハーレーを買ったバイクショップの社長がパーツを買いに来たんです。あ!って思って声をかけて。「あのハーレー、まだ乗っているの?」なんて、いろいろ今までの経過とかを話したんです。もちろん、騒ぎ始めてることも(笑)。そしたら、ちょっと遊びにおいでよって誘ってもらって、店のバイクを見せてもらったんです。そもそもハーレーって、正規店ではノーマルが販売されていますが、バイクショップではカスタマイズしたものがほとんどなんです。そんなバイクを見せられたら…「やっぱりこういうことがしたいんだ!」ってなりますよね。

 

――ハーレーってカスタマイズしてあるものが多いんですね。すみません…全然知識がないもので…。

齋藤さん:いえいえ、ハーレーに興味がなかったらわからないですよ。まぁそんなこんなで、ようやくバイクを本格的にいじれる仕事に就いたんです。このバイクショップ以外でも修業させてもらって経験を積んだことと、以前からずっと自分の店を持ちたかったこともあり、「Overload Machinery 」を28歳で立ち上げました。

 

どうして新発田にショップを開いたのか?経験から考えたコト。

――新潟でお店を開くのであれば市内とか、あえて新発田でなくてもよかったんじゃ…?

齋藤さん:自分が生まれ育った場所が新発田ってことが大きいですね。昔から通っていたアメリカンなアパレルを取り扱っている「New Deal(ニューディール)」のオーナーなど、新発田のハーレー乗りに相談もしました。

 

――どうだったんですか?

齋藤さん:車って新車をどこのディーラーで買っても、近所の修理工場で直せますよね。でもハーレーは多くの理由から修理などをしなくなってるバイクショップが増えてきていると感じていました。なので、そんなことを気にしないで、ハーレー初心者でも気軽に相談できる店が新発田にあったらきっと需要はあるなと。

 

――へえ、どこでも直してくれるわけではないんですね。

齋藤さん:絶対ではないけど、どうしてもハーレーって「カスタマイズしてないと…」って考えがどこかにあって。初心者はカスタマイズが難しいから、ディーラーに行ってしまうし。そもそも初心者からしたら、ハーレーって間口が狭いんですよ。

 

――ハーレーに乗りたくても、いろいろとあるんですね。「Overload Machinery」とは、どんなバイクショップですか?

齋藤さん:初心者だけどカスタマイズしたハーレーに乗りたい、古いハーレーに乗りたいけど整備も含めて乗り続けられるか心配、ハーレーに乗りたいけど年式も種類もたくさんあってどうしたらいいかわからない。こんな悩みを解決できるバイクショップです。ハーレーが好きだから、ハーレーを好きになってもらいたい。気が付いたらそこに集まる人達が楽しいと思える場所になれたら嬉しいです。もちろん、向上心が騒ぎ始めてる人も大歓迎です。

 

――最後に、斎藤さんにとってハーレーの魅力とは何ですか?

齋藤さん:「一生飽きさせない、一生遊べる」ってことかな。カスタマイズすればどこまでもカタチを変えられるし、エンジンだけを残すこともできる。好きな鼓動を別の車体でも体感できて、自分はその車体を組み上げる過程も、機械としてもハーレーが好きです。

 

ハーレーの鼓動を体感。はじめてのハーレー。

齋藤さんはハーレーの楽しさを「エンジンと排気音」だと教えてくれました。エンジンの造形には惚れ惚れするそうで、表面の削り出しなど、とてもマニアックな通のポイントを嬉しそうに語ってくれたのはとても印象的でした。まるで子どもが大好きなプラモデルを語るかのように。取材の後、実際に斎藤さんの愛車にまたがってエンジンの鼓動と音を体感させてもらいました。男心をくすぐられ過ぎて…。初めてまたがったバイクがハーレー。贅沢というか、罪というか。これは魅了される気持ちがわかります。そんな初体験。ドキドキしながら帰路についたのでした。ちなみに独特の排気音は、エンジンの年式によって異なるそうですよ。

 

 

Overload Machinery

新潟県新発田市中田町3-1299

0254-20-8069


TOP