Things

骨の歪みを整えて、身体の不調を改善する「整体kinoco」。

  • その他 | 2020.12.23

寒い冬は身体が冷えてあちこち痛くなりやすい季節でもあります。そんな身体の不調の相談に乗ってくれる職業のひとつが「整体師」。今回紹介する「整体kinoco(キノコ)」は、ゆがんだ骨を元の位置に戻し、人それぞれが自分に合った楽な姿勢になれるようサポートをしてくれる整体サロンです。整体師の栗原さんにお話を聞いてきました。

 

 

整体kinoco

栗原 真姫子 Makiko Kurihara

1974年新潟市南区生まれ。自動車ディーラーに勤めていた頃「木野勢(きのせ)整体療法」と出会い、勉強会に参加して整体師の資格を取得。自動車ディーラーを辞め、アルバイトをしながら整体師としての経験を積み、2014年に「整体kinoco」を開業する。普段から解剖学の本を読み漁る勉強熱心さ。

 

師匠との出会いが、整体の道に進むきっかけに。

——栗原さんはご自宅で整体サロンをやっているんですか?

栗原さん:はい、自宅と、あと他に新潟市西区にある施術院でも週2回施術しています。そちらの施術院は私の師匠がやっていた場所なんですが、師匠が体調を崩してもう使わなくなってしまったので、弟子が借りて使わせていただいているんです。

 

——栗原さんには整体のお師匠さんがいらっしゃるんですね。

栗原さん:あるとき、母親が体調を崩してしまったので、知人から紹介してもらった整体院に連れていったんですよ。そこへ何年か通っているうちに、整体院の先生からひとつの資料を渡されたんです。それは先生が東京で開催していた整体勉強会の資料だったんです。自動車ディーラーで働いていた私は、その先生と出会ったことで整体の道に進むことになったんです。

 

——その先生が栗原さんの師匠にあたる方ですか?

栗原さん:そうなんです。師匠から「自分のお母さんはもちろん、まわりの人の身体も楽にしてあげたら?」って言われて、それで師匠の整体勉強会に参加してみたんです。その勉強会には長年施術院をやってきたようなベテランの先生も勉強に来ていて、師匠がすごい人だったことを初めて知ったんです。

 

 

——それから整体の勉強を始めたんですね?

栗原さん:会社勤めをしながら月2回東京の勉強会に参加して、上級整体師の資格を取りました。もう少し経ってから整体の仕事をやろうと思っていたんですけど、会社から転勤の辞令が出たのでそのタイミングで思い切って会社を辞めて、2014年頃に「整体kinoco」を開業して整体師を始めたんです。

 

——「整体kinoco」って可愛い名前ですよね。どんな意味があるんですか?

栗原さん:師匠の「木野勢整体療法」を受け継いでいるので「木野勢の弟子」という意味で「きのこ」とつけました。ロゴマークにも思いが込められています。「K」の字の赤い縦棒はまっすぐな骨や人生。文字はしなやかな施術を表していて、最後の「O」の字には笑顔になってほしいという思いが込められているんです。

 

普段の姿勢や食生活に気をつけることが予防策。

——なるほど。独立して整体の仕事を始めてみていかがでしたか?

栗原さん:最初の頃は1時間以内で終わるところを、倍の3時間かかったりしてましたね。それから、痛いところが改善しないままお客様をお返ししなければならなくて、自分が不甲斐なく思ったこともありました。でもいろんな人を施術していくうちに、時間を意識することよりも、その人の体質に沿った施術を心がけるようになりました。

 

——人によっては改善に時間がかかるっていうことですね。どんな悩みの方が多いんですか?

栗原さん:時期によっても違うんですよね。このあたりは農家が多いので、田植えと草刈りの時期には腰の痛み、雪かきをする時期には肩や腰の痛みで来る人が多いんです。痛みも生活に密着しているんですね。面白いことに痛みの原因は2〜3ヶ所あっても、痛みを感じるのはどこか1ヶ所のことが多いんですよ。

 

 

——へ〜、身体って不思議ですね。じゃあ、逆に骨が歪みにくく過ごすためには、普段どんなことに気をつけたらいいんでしょうか?

栗原さん:長時間同じ姿勢をとることが歪みを作りやすいんです。だから意識して自分の姿勢に気をつけていることが大切ですね。あと食事も大切です。しなやかな筋肉やきれいな血液を作っているのは食事ですからね。悪い血液は血行不良につながって、身体のいろいろなところに影響が出てきます。

 

食事の見直しも含めた、総合的な整体を心がけていきたい。

——ご自宅や師匠の施術院の他に、カフェでも施術をやっていたんですよね。

栗原さん:個人的な興味があったのでコーヒーのセミナーに参加したんですよ。そのときに知り合った人からカフェを紹介されて、そのカフェで整体をさせてもらいました。その後は紹介やクチコミでどんどん広がっていったんです。本当にご縁のありがたさを実感しています。

 

——整体をやっていて、やりがいを感じるのはどんなときですか?

栗原さん:月並みですけど、お客様から「楽になりました」って喜んでもらえたときですね。あとは「面白い人ですね」って言われたときでしょうか(笑)

 

——その言葉、嬉しいんですね(笑)。最後に今後やっていきたいことがあったら教えてください。

栗原さん:紹介やクチコミといったご縁で施術を受けてくれる方が多いので、信頼にお応えできるるよう、もっと技術を高めていきたいですね。あとこれからは食事の大切さもお伝えできたらと思っています。身体を作る土台は食ですから、その目線も含めて総合的に施術を行っていきたいですね。整体をきっかけに健康作りのお手伝いができたら嬉しいですし、みんなと一緒に私も健康に歳を重ねていきたいですね。

 

 

師匠との出会いから整体師の道へと進むことになった栗原さん。「整体kinoco」を始めたのは、痛みに苦しむまわりの人たちを楽にしてあげたいという思いからでした。今後も身体の悩みを抱えるたくさんの人たちを整体で笑顔にしてあげてくださいね。

 

 

整体kinoco

025-311-9011

9:00-19:00(最終受付18:30)

不定休

 

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP