Things

「ミルチリオ」に聞いた、パキスタンカレーのアレコレ。

HALAL。ムスリム。初耳ワードが盛りだくさん。

ジメジメな梅雨を吹き飛ばしてくれる新潟の素敵なカレー屋さんをご紹介する「カレーデイズ」の、今日は2日目。「ミルチリオ」さんをご紹介します。新潟ではココでしか食べられない!パキスタンカレーの秘密を聞いてきました。

 

ミルチリオ

江口 肇 Hajime Eguchi

1968年新発田市生まれ。トレーラー運転手として働いていた2017年に脳梗塞で倒れる。病気を機に健康志向へと変わり、2019年より「ミルチリオ」のオーナーとなる。

 

「ミルチリオ」の気になるキーワード。HALAL? パキスタンカレー?

――「ミルチリオ」では、どんなカレーを提供しているのでしょうか?

江口さん:「ミルチリオ」では、HALAL(ハラール)の認証を受けた食材のみを使って、パキスタン人シェフのアリさんが作るパキスタンカレーを提供しています。パキスタンカレーは珍しいから、あまり聞いたことがないですよね?

 

――はい、知らないキーワードが登場しました。いろいろと教えてください。まず「HALALの認証」とは何ですか?

江口さん:HALALとは、イスラムの教えで「許されている」という意味のアラビア語です。神に従って生きているムスリム(イスラム教徒)は、もちろん豚肉を食べることができません。豚肉以外もイスラムの教えに則った方法で飼育、加工処理されなかった場合は食べられない。そういういろんな制限があります。そこで、目の前の商品や食材がHALALに従っているかを示したのが、HALAL認証制度です。ちなみに認証機関は世界に200以上もあるらしいですよ。

 

 

――なるほど。食べられる物が制限されているから、そんな認証制度があるんですね。

江口さん:だから、全国のHALALフード専門店から食材を仕入れてパキスタンカレーを作っています。この辺りには専門店がないから、新潟に住んでいるムスリムのために仕入れた食材の販売もしているんですよ。

 

――そうなんですね。お店のメインとなるパキスタンカレーについても教えてください。どんな特徴がありますか?

江口さん:パキスタンカレーの特徴は、肉や豆をたっぷり使うこと。それと、玉ネギやトマト、ニンニク、生姜、ホールスパイスをペーストにした汁気が少ないカレーが多いかもしれないですね。ちなみにヒンドゥー教徒のインドでは牛肉を食べないけれど、イスラム教徒の多いパキスタンでは、牛肉をよく食べます。カレーには牛肉や羊肉がよく使われているんですよ。

 

人気No.1カレー「NIHARI」について聞いてみた。

――パキスタンカレーはいろんな種類があるんですよね? 「ミルチリオ」では、どんなパキスタンカレーが食べられますか?

江口さん:骨付きの羊肉をじっくり煮込んだ、ほのかなヨーグルトの酸味とスパイスがクセになる「マトンコルマ」、4種類のパキスタン豆をミキサーにかけて、すり潰した羊肉と絡めた「ハリーム」、世界三大炊き込みご飯のひとつでもある「ビリヤニ」、牛の足を輪切りにしたコラーゲンたっぷりのスープカレー「ビーフパヤ」など、定番から日替わりメニューまで、たくさんのパキスタンカレーがあります。

 

――どれも元気になりそうなカレーばかりですね。ちなみに一番人気のカレーは何ですか?

江口さん:断トツで人気なのが「ニハリ」です。このカレーはパキスタンの代表的な家庭料理で、羊のスネ肉をトロトロになるまで煮込んでいます。だから、たっぷりの骨髄液が染み出して美容、健康にとってもGOOD! ちなみにスネ肉は「はじめ人間ギャートルズ」みたいなインパクト。凄いんですよ。

 

 

――とてもインパクトのあるカレーですね! 美味しそう。

江口さん:この「ニハリ」に野菜のうま味、酸味をプラスしたのが看板メニューの「ミルチリオカレー」。トマトの酸味が加わって、サラッとした味わいになるんです。野菜も食べられるから、女性にも人気なんです。

 

 

――パキスタンカレーに使っているスパイスにも、こだわりはありますか?

江口さん:スパイスは歯の痛みを抑えてくれたり、免疫力を高めてくれたりするから、クローブやコリアンダー、シナモンなどの定番スパイスに加えて、アリさんが持っている希少なスパイスなど、いろんな種類を使っています。ちなみにインドカレーと大きく違うのは、カルダモンの種類。パキスタンカレーはブラウンカルダモンを用いるんです。

 

――ブラウンカルダモン?

江口さん:インドでは清涼感のあるグリーンカルダモンを使います。でも、ちょっと薬みたいな芳香のブラウンカルダモンを使うことで、パキスタンカレー独特の風味と味わいが生まれるんです。サイズ大きいことからビッグカルダモンとも呼ばれています。

 

 

――スパイスでも違いがあるんですね。パキスタンカレーの魅力って、ひとことで言うとどんなところですか?

江口さん:日本のカレーを食べると、しばらく口内にカレー感が残りますよね? でも、パキスタンカレーは不思議と残らずに後味がスッキリしています。毎日食べられるカレーってことです。「パキスタンカレー」は、ちょっと聞き馴染みがなくて想像ができないかもしれないけれど、健康にとても良いし、めちゃくちゃ美味しいカレーなので、ぜひ食べてみてください。

 

「ミルチリオ」のパキスタンカレーたち。デザートも。

 

ミルチリオカレー ¥1,100

 

ニハリ ¥1,000

 

ハリーム ¥1,000

 

アフォガード ¥350 / キール ¥350

 

 

ミルチリオ

新潟県北蒲原郡聖篭町東港7-861-2

025-288-1120

Instagram

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP