Things

カジュアルに健康を楽しむ!万代の「ジューステックプラス」

ビルボードプレイス1階に登場した健康ドリンク専門店。

万代シテイバスセンター斜め向いの交差点角、ファッションブランド「グッチ」の隣に、今年8月、ニューヨークスタイルの黒で統一されたお洒落な健康ドリンク専門店「ジューステックプラス(JUICE TECH+)」がオープンしました。とても健康になれそうなジュースのこと、お店のこと、いろいろお話を聞いてきました。

 

ジューステックプラス(JUICE TECH+)

本間 太希 Taiki Honma

1996年新潟市西区生まれ。Things登場はこれが2回目。2019年に「ヘンボッハンテッペ 新潟店」をオープン。その後、新しいコンセプトである「JUICE TECH+」を2020年8月にオープン。2店舗の店長として運営管理を行なう。前回登場時の趣味はサウナだったが、最近はジム通いにもハマっている。

 

立ち上げのキッカケは、石垣島で出会ったジュース。

ーー以前取材させていただいた、白山駅前にある「ヘンボッハンテッペ 」の店長さんでしたよね?

本間さん:はい、そうです。今も引き続き、店舗管理はしていますけど、ビルボードプレイスのブースでまた違ったコンセプトのお店を出そうと思って出店しました。

 

ーー健康ドリンクとしてのジュースを選んだのはどうしてなのでしょうか?

本間さん:「健康」というキーワードは以前から興味がありました。あるとき石垣島のジュースバーに行く機会があって、そこで飲んだ健康ドリンクがめちゃくちゃ美味しくて。「本当に、これが健康ジュースなの!?」ってくらい飲みやすかったんですよ。なんというか、私のイメージでは健康ジュースって、意識の高い人の飲み物って感じでハードルが高くて。でもこんなに美味しいなら、もっとカジュアルに楽しめるように提供すれば手が伸びやすいんじゃないかって感じたんです。いいものを使うことで、普段からいいお米を食べている新潟の人にならきっと分かって受け入れてもらえる、と思ったのがこのジューステックプラスを作ったキッカケです。

 

 

 

ーーなるほどですね。ところでお店のルックスがかっこいいですね。

本間さん:ありがとうございます。店舗の若者スタッフを中心にこのお店のコンセプトを立てて、若い人たちにもカジュアルに飲んでもらえるように考えました。健康ドリンクもファッションとして発信できたらなと。

 

ーーニューヨークっぽい感じがいいです。実際、ジュースの見た目も奇麗でSNSとかでも映える感じですよね。

本間さん:そうですね。実際に何種類もの野菜や果物をミキサーにかけて、見た目も大切に作っています。もちろん、美味しく飲めるってことが一番大切にしていることですけど。

 

ジューステックプラスのジュースとは?

ーー何種類も、というのは具体的にどのくらいなんですか?

本間さん:その商品によりますが、多くて6種類の野菜や果物を使っています。

 

ーー普段の生活で食べようと思っても6つの野菜や果物をいっぺんに、というのは難しいですよね。

本間さん:そうですね。うちでは毎日仕入れた新鮮な野菜や果物をそのままミキサーにかけて、ジュースとして出していますので、そのまま野菜を食べてる感覚に近いと思います。もしでしたら、飲んでみますか?

 

ーーいいんですか!?ありがとうございます。

本間さん:ぜひぜひ(笑)

 

「飲む」ではなく「食べる」に近い。健康のことをしっかり考えて。

ーー(飲んで)うわ!ジュースかと思ったら、めちゃくちゃ食べている感じですね!しかも、全然、野菜の苦みとかもなくて。

本間さん:そうなんです。コンビニなんかで売ってる健康ドリンクと違って、野菜や果物をそのままミキサーしてドリンクに使ってるので「飲んでいる」というより「食べている」に近いと思います。特に気をつけているのが、野菜のくさみや苦みを感じない配分で作っているので、健康だけど美味しくて飲みやすいっていうところを大切にしています。

 

ーーめちゃくちゃ美味しいです!しかも、この一杯だけでお腹も満足ですね。

本間さん:ありがとうございます。コンセプトとしては「お洒落にカジュアルに楽しんでほしい」と始めましたけど、根本の部分は「健康ドリンク」なので、そこはブレてはいけないと思っていて。だから使う野菜や果物、その組み合わせでもたらされる効果作用はすごく考えて、大切にしています。

 

 

ーーなるほど、具体的にはどのような効果が?

本間さん:今、飲んでもらったのが「ブラッディービーツ」っていう商品なんですけど、「食べる輸血」って言われるビーツをたくさん使っているので、血行促進改善だったり代謝改善っていう効果があります。具体的には、むくみの解消とか、体の毒素を排泄するのを助ける「ベタラン」が含まれているので、アンチエイジング、ダイエットにも効果があります。なかなかビーツを食べる機会ってないと思うんですけど、ここでは沢山ビーツを使ってますので、これはおすすめの商品ですよ。

 

ーーめちゃくちゃ、健康になれそうですね。それで、470円は安過ぎでは?

本間さん:正直、470円の割にはこだわり過ぎちゃった。って思ってますけどね(笑)。でも、一度飲んでいただけたら、他の健康ドリンクと満足度が違うって感じてもらえる自信があるんです。だから価格も採算ギリギリでも、手頃に飲んでもらえることを大切にしました。27種類あるんですけど、季節の野菜や果物によってメニューを変えていくので、気分やその日の調子によってジュースを楽しんでもらえたら嬉しいですね。

 

ーー自分の健康をジュースで管理する日々。そんな時代がやってきたって感じですね!

本間さん:それも可能ですね(笑)。実際、ウチの店舗では各商品紹介にレーダーチャートや効果作用を視覚的に見やすくしていますので、それを参考にして買っていかれるお客さんもいらっしゃいます。

 

驚きのサブスクリプション、なんと1杯150円台!?

ーー種類も沢山ありますし、健康も意識しながら美味しく飲める。毎日飲みたくなりますね。

本間さん:絶対そういう方がいるだろうと思って、470円のメニューにあるジュースだけなら月額4,700円で毎日1杯飲めるサブスクリプションサービスの提供もしています。31日間毎日飲めば、1杯151円です。

 

ーー470円でも安いと思っていたのに!

本間さん:うちの場合は、生の野菜や果物を毎日仕入れて使っているので、どうしてもロスが出ちゃうんです。なので、毎日決まった数量をお届けできたら、結果、サブスクリプションのほうが、より手頃に楽しんでもらえるってことなんですけど。やっぱり、健康は1日では手に入らないので、うちを気に入ってくれたお客さんには、毎日喜んでもらえればと思ってできたサービスです。

 

ーー確かに、たまに飲むだけじゃなくて、継続的に飲む習慣をつけるって大事ですよね。ジュース以外にもおすすめの商品はありますか?

本間さん:新潟では珍しいと思うんですけど、「プロテイン入りのジュース」や野菜を混ぜ込んだ生地をトルティーヤみたいにして野菜を楽しむ「ベジラップ」という完全オーガニックフードも人気商品です。特にプロテインは最近ブームだと思うんですけど、果物やヨーグルトなどを一緒にミキサーで混ぜ合わせることによって、美味しくて飲みやすいジュースにできるんです。私もジム通いが日課なので、プロテインにはお世話になってます。でも味付のものでも美味しくなくて(笑)。これは、新潟にはそういうお店がまったくなかったので、うちで作ろうと思って。本当に飲みやすくて、美味しくて、とても気に入っています。ちなみに、プロテイン入りのジュースはちょっと高い800円なんですけど、こちらもサブスク化して月額6,800円で提供しています。

 

 

ジューステックプラスさんでは、「日中なかなか行けない」「夜はお酒を楽しみたい」って人のために、夜は生の果物をミキサーしてリキュールを入れた本格的なフルーツカクテルの提供もしているそうです。昼間も夜も健康を楽しめるって贅沢ですよね。野菜で元気になりたい!健康な体を手に入れたい!って方にはとてもおすすめです。

 

 

ジューステックプラス(JUICE TECH+)

〒950-0909 新潟県新潟市中央区八千代2丁目1-2 万代シティ ビルボードプレイス1階

営業時間:平日11:00~22:00

土日・祝日11:00~22:00

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP