Things

夫婦で伝えるハワイの味、「YumYum Kitchen」のスパムむすび。

輝くようなエメラルドグリーンの海、青々と生い茂った山々、ゆったりとしたアロハな雰囲気、そして忘れてはいけないのが、金髪ビキニレディースたち。そう、みんなが憧れる島、ハワイです。今回は、そんなハワイで親しまれている「スパムむすび」を新潟で提供している「YumYum Kitchen」をご紹介。TAKUYAさん、NANAさんの仲良し夫婦に、「スパムむすび」の魅力をたっぷり聞いてきました。

 

YumYum Kitchen

TAKUYA

1982年群馬県生まれ。高校卒業後、ニューヨークの大学へと進み、その後はハワイに移住。帰国後、新聞社や飲食店などで働き、「YumYum Kitchen」のオープンを機に奥さんの地元である新潟へ。ウクレレが好き。

 

YumYum Kitchen

NANA

1990年新潟市生まれ。ダンスの経験を積むために、アメリカ本土やハワイを頻繁に訪れ、旦那さんとはハワイで出会う。現在は「YumYum Kitchen」でスパムむすびを提供しながら、ヨガのインストラクターとしても活躍。旅行が好き。

 

ハワイやグアム、沖縄でもポピュラーなスパム。

――スパムって、あのソーセージみたいなやつですよね……?

YAKUYAさん:そうそう。ソーセージの材料を缶詰にしたもので、ランチョンミートとも呼ばれているやつですね。ハワイやグアムでは一般的で、どこのスーパーでも売っているほどなんですよ。

 

NANAさん:日本だと沖縄でも食べられていて、スパムを使ったゴーヤチャンプルーはポピュラーですね。ちなみに、スパムの缶はこれです。たぶん、見たことがあるんじゃ……。

 

 

――あ、これ見たことあります。

NANAさん:ですよね。最近は、輸入食品店なんかでも目にするようになりましたからね。

 

――で、このスパムを使った「スパムむすび」を専門にやられているんですよね。

TAKUYAさん:そうなんです。「YumYum Kitchen」では、スパムとご飯、海苔、ふりかけのスタンダードな「スパムむすび」をはじめ、約10種類を提供しています。

 

――ふむふむ。スタンダードな「スパムむすび」以外には、どんなメニューが?

TAKUYAさん:しょっぱい系の卵焼き、チーズ、わさび、梅とか……。基本的に、日本人の味覚に合わせたバリエーションを展開しています。こんな感じです。

 

サーフィンに行く前に。ハイキングに行く前に。

――ふたりは、どこで「スパムむすび」に出会ったんですか?

NANAさん:私たち、ハワイで暮らしていたんですよ。ハワイでは、ABCストアやセブンイレブンでも「スパムむすび」が売っていて、とてもポピュラーな食べ物なんです。だからサーフィンやハイキングに行く前に買って、ビーチで食べたり、向かう車で食べたり、普段から馴染みがありました。

 

――ハワイに暮らしていたんですね。羨ましいです(笑)。余談ですけど、ハワイの魅力って何ですか?

TAKUYAさん:僕は自然かな。ハワイって観光地だけど、正直、やることがないんですよ(笑)。だからサーフィンに行ったり、ハイキングに行ったりすることが多くてね。大自然と触れ合う時間、それが一番の魅力でしたね。

 

 

NANAさん:私が感じた魅力は、やっぱり人ですね。アメリカだけど大らかな性格の人が多くて。アロハな感じでしたね(笑)

 

――なんか……いいですね、ハワイって。ちなみにハワイでは、「スパムむすび」以外にどんなスパムの食べ方があるんですか?

NANAさん:パンやホットケーキと一緒に食べたり、スープの具材にしたり、どんな料理にも合うから日常食として食べられています。だから私たちにとっても馴染み深い存在で、新潟でも伝えたいと思って「YumYum Kitchen」をスタートしたんですよ。

 

ハワイみたいに新潟でも、「スパムむすび」を日常に。

――おふたりの「スパムむすび」への想いから、「YumYum Kitchen」が誕生したんですね。

NANAさん:それもあるんですけど……、実は、私の両親の夢でもあったんですよ。

 

――ん? ご両親の夢??

NANAさん:両親もハワイに住んでいたことがあって。当時から「スパムむすび」のお店をやってみたかったそうなんです。で、私たちもハワイで暮らしていたこともあったから、「スパムむすび」の美味しさを知ってもらいたいという想いと、両親の夢を重ね合わせたって感じですかね。

 

 

――親孝行というか、めちゃくちゃいい話じゃないですか。

TAKUYAさん:ちなみに、NANAの両親はDIYが得意で、店舗作りをすべてやってくれたんですよ。すごいですよね。

 

NANAさん:そうなんですよ。そういうのが好きなんですよね。

 

――なんとも素敵なご家族ですね。それでは最後に、「スパムむすび」を通してどんなことを伝えていきたいか、教えてください。

TAKUYAさん:新潟って、ハワイみたいに公園が多いし、海が身近な存在じゃないですか。だから公園や海へ出掛けるときに「スパムむすび」を買って、自然の中で食べてもらいたいです。そうしたら、ちょっとハワイの日常を感じてもらえるかなって。

 

NANAさん:ぜひ「スパムむすび」を食べて、アロハを感じてみてください!

 

 

YumYum Kitchen

新潟県新潟市西区寺尾上1-6-40

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP