Things

いろいろなバリエーションのチャーハンが楽しめる「チャーハン亭佐咲」。

チャーハンの専門店が、東新潟駅の近くにあります。

東新潟駅近くに新潟市では珍しいチャーハンの専門店があります。昨年12月にオープンしたばかりの「チャーハン亭佐咲(ささき)」。食券を買おうと販売機を見ると、さすが専門店、メニューの半分はチャーハンが占めています。どうしてチャーハン専門店を始めることになったのか? どんなチャーハンが味わえるのか? オーナーの佐々木さんにお話を聞いてきました。

 

 

チャーハン亭佐咲

佐々木 崇 Takashi Sasaki

1977年新潟市中央区生まれ。高校時代からアルバイトしていた中華レストランに就職し、その後アジア料理店を経て東京のラーメン店で修行する。2005年新潟市中央区にラーメン店をオープン。その後、2019年から石山で「チャーハン亭佐咲」を始める。趣味は旅行で温泉が好き。

 

ラーメン店からチャーハン専門店へ。

——「チャーハン亭佐咲」さんはその名の通りチャーハンをメインにしてるんですよね。

佐々木さん:以前はラーメン店をやってたんです。開店当時、豚骨魚介系スープのラーメンやってるところがまだまわりになかったから、それを看板メニューとしてやってたんですよ。ところがその直後に豚骨魚介系のラーメン店が増え始めて。だからうちは担々麺に路線変更したんだけど、そうしたら今度は担々麺をやる店が増えてきたんですよ。だったらラーメン店はもうやめて、ライバルの少ないメニューで何かやろうと考えたんです。そしたらチャーハンがぴったりだったんです。

 

——どうしてチャーハンがぴったりだったんですか?

佐々木さん:前の店でもずっと作ってきた料理だったから新しく覚える必要もなかったし、ラーメンと同じくらいの単価で食べてもらえますからね。そこで2019年にチャーハン専門店として「チャーハン亭佐咲」をオープンしたんです。

 

——ラーメン店を始める前はどこかで修行をしたんですか?

佐々木さん:最初は高校時代にアルバイトしていた中華レストランに就職したんです。でも、そのうち中華以外の料理もやってみたいと思い始めて、アジア料理店でタイやベトナムの料理を学びました。その頃になると自分でラーメン店を始めてみたいと思うようになってきたので、東京のラーメン店で3年間修行しました。このときの修行がラーメン店を始めてからの仕事のベースになってますね。

 

注文が入ってから一人前ずつ作るこだわりチャーハン。

——さて、ではチャーハンについてお聞きしますね。メニューにはいろんなチャーハンがありますね。何種類あるんですか?

佐々木さん:今は6種類。オープン当初は8種類あったんだけど、調理に時間がかかるチャーハンがあって、どうしてもお客様をお待たせしちゃうんでメニューから削ったんです。

 

——チャーハンを作るときって、どんなことにこだわってるんですか?

佐々木さん:米がパラパラになるように強火を使って短時間で炒めることと、作り置きをしないってこと。わざわざ足を運んでくれたお客様に、一番美味しい状態で食べてもらいたいから、注文が入ってから一人前ずつ作ってます。だから時間がかかっちゃうんだけど、お客様にはご了承いただきたいんですよね。

 

——ひとりで作ってるから混んでるときは大変ですね。

佐々木さん:中華鍋を振って腱鞘炎になりそう(笑)。ずっと火の側で調理してるから暑いしね。昨年の12月からの営業でまだ夏場を経験してないから、夏は実際にどのくらい暑いのか今からちょっと心配なんです。

 

——ぜひこれを食べて欲しいっていうチャーハンのオススメのメニューはありますか?

佐々木さん:定番は「五目あんかけ炒飯」です。チャーハンの上に五目あんがかかっていて、炒飯はもちろん中華飯の美味しさも味わっていただけます。「ガーリック肉炒飯」も人気メニューです。ニンニクだれで炒めた豚肉が乗っているチャーハンで、がっつり肉を食べたい人にオススメです。男性のお客様に人気があるメニューですね。

 

 

——チャーハンだけじゃなくてラーメンもあるんですね。これは前のラーメン店で出していたメニューなんですか?

佐々木さん:いいえ、「チャーハン亭佐咲」のために作ったラーメンです。5種類試作した中から、一番美味しかった濃厚な鶏白湯スープのラーメンを選んでメニューにしました。

 

今後は旬の食材を使った季節限定チャーハンも。

——今後新しくやってみたいチャーハンってあるんですか?

佐々木さん:定番メニューのチャーハンだけじゃなくて、四季折々の旬の食材を使った季節限定の炒飯をやってみたいですね。

 

——まだオープンしたばかりですけど、今後どんなお店にしていきたいと思っていますか?

佐々木さん:お店を大きくしようとは考えてないんで、食べに来てくれたお客様がリピーターになってくれて、細く長く店を続けていけたらいいなって思ってます。

 

——まわりに他のチャーハン専門店ができたらどうしますか?

佐々木さん:そしたら、店やめようかな…(笑)

 

 

豚骨魚介系ラーメン、担々麺と常に時代を先取りしてきた佐々木さん。お客さんに一番美味しい熱々のチャーハンを食べてほしいというこだわりで、注文を受けてから一人前ずつチャーハンを作っています。定番メニューの「五目あんかけチャーハン」はチャーハンと中華飯のいいとこ取りのようなメニュー。チャーハン好きの方はぜひ「チャーハン亭佐咲」のチャーハンのバリエーションを味わい尽くしてみてはいかがでしょうか?

 

 

チャーハン亭佐咲

〒950-0823 新潟県新潟市東区東中島2-5-13

025-288-6117

11:00-15:00

月曜休

 

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP