Things

得意の英語で新潟をPRする「第13代にいがた観光親善大使 矢部夏嬉」。

旅行やイベントがままならないコロナ禍でも新潟市の観光PRに奮闘する「にいがた観光親善大使」。半年間活動してきた彼女たちの素顔を、3ヵ月にわたってひとりずつ紹介してきました。3人目はダンスや英語を得意とする、大学生の矢部夏嬉さんです。

 

 

第13代にいがた観光親善大使

矢部 夏嬉 Natsuki Yabe

2003年新潟市江南区生まれ。大学に通う傍ら、2022年10月より「第13代にいがた観光親善大使」のひとりとして、新潟市の観光PR活動をはじめる。3歳からバレエをはじめ、高校、大学とダンス部に所属。現在は毎年開催される「TAY-C」公演に「TAY新潟」のメンバーとして参加しダンスを続けている。

ダンスを通して学んだことが、今の私を作った。

——今日はよろしくお願いします。今お邪魔しているここが思い出の場所ということですけど、ダンススタジオでしょうか。

矢部さん:はい。私が3歳から高校1年生までの間、バレエを習っていたスタジオなんです。

 

——ずいぶん小さい頃から習っていたんですね。きっかけは何だったんですか?

矢部さん:姉はピアノ、兄は水泳を習っていたので、私も何か習い事をしてみたかったんです。いろいろな体験レッスンに参加したなかで、こちらの先生からバレエを習いたいと思ってバレエスタジオに入会しました。

 

——どうしてバレエを習うのを辞めちゃったんですか?

矢部さん:高校に入学してすぐ、ダンス部を見学した際に、それまで自分がやってきたバレエとは違った創作ダンスを見て興味を持ったので、入部することにしたんです。1年生のときに臨んだ全国大会では受賞できなくて悔しい思いをしたんですが、3年生で挑戦した全国大会ではリベンジを果たし、受賞することができて嬉しかったですね。

 

 

——大学でもダンスを続けているんですよね。

矢部さん:昨日もダンス部の公演があったんです。でもこれからは「にいがた観光親善大使」のお仕事が忙しくなってくると思うので、今後はそちらに集中したいと思っています。とはいってもダンスは私のライフワークですので、一生続けていきたいですね。

 

——今までダンスを続けてきて、よかったと思うことはありますか?

矢部さん:ダンスを通して出会った人たちのおかげで、今の私があると思っています。特にバレエスタジオの先生と高校ダンス部のコーチからは多くのことを学ばせていただきました。ダンス部のコーチから「一度決めたことは最後までやり遂げなさい」と言われたことがあって、それからは何事にも妥協せず全力で取り組むようになりました。そのおかげで「第13代にいがた観光親善大使」にもなれたんだと思っています。

 

海外の人たちにも新潟の魅力を英語で伝えたい。

——矢部さんが「第13代にいがた観光親善大使」に応募した経緯を教えてください。

矢部さん:私の住んでいるところは新潟市のなかでもマイナーな地域で、知らない人が多いんです。友達に話しても「それどこ?」って言われるのが悔しくって。そんなときに「にいがた観光親善大使」のことを知って、新潟のあまり知られていないことを伝えるお仕事って素敵だなと思うようになりました。

 

——審査会のときのことは覚えていますか?

矢部さん:応募資格のなかでは最年少だったので、他の応募者が大人に見えて緊張しました。審査の順番が予選会、最終審査会のどちらも、今一緒に「第13代にいがた観光親善大使」を務めている村山ななさんの次だったんです。特技としてダンスを披露しようと思っていたんですけど、村山さんが先にダンスを披露していたので、かぶらないように急遽「新潟の魅力を語る英語スピーチ」に変更しました(笑)

 

 

——それは焦ったでしょうね(笑)

矢部さん:でもそのおかげで、外国のお客様が多い式典や会合でのお仕事を任せていただけるようになりました。最初のお仕事は航空宇宙関連の国際シンポジウムだったんですけど、外国のお客様も大勢参加している交流会で英語でスピーチをしたんです。緊張しましたけど、そのおかげで度胸もついたし自信にもつながりましたね。

 

——それはすごい! 英会話はどんなふうにして身につけたんですか?

矢部さん:授業のなかでも英語は得意科目でしたけど、英会話教室に通ったり留学したりした経験はないんです。強いて言えば洋画を観て覚えた感じですね。海外の方にも新潟の魅力を知っていただきたいので、英語で話せるように頑張っています。

 

——観光親善大使のお仕事で大変だった思い出はありますか?

矢部さん:2月に山形で開催された屋外イベントに参加したときは、吹きぬける寒風に凍えて大変でしたね。新潟のPRステージをやらせていただいたんですけど、コートを着ていても寒くてマイクを持つ手や声が震えてしまうんです。一生忘れられない思い出になりました(笑)

 

——他にも忘れられない思い出はありますか?

矢部さん:イベントMCを担当させていただいた、新潟空港のクリスマスマーケットは思い出深いですね。自分の司会進行でたくさんの方々が笑顔になってくださって、とても嬉しい経験でした。

 

観光親善大使の経験を通じて、多くのことを学びたい。

——矢部さんは大学でどんな勉強をしているんですか?

矢部さん:養護教諭になる勉強をしています。つまり保健室の先生ですね。でも観光親善大使を経験してみて、将来やりたいことが変わってきたように思います。

 

 

——どんなふうに変わってきたんでしょう?

矢部さん:よりたくさんの方々に元気をお届けできる仕事をやってみたいんです。観光親善大使の仕事をしていると、大学生が関わることのない方々とお会いする機会が多くて、いろいろなことを学ばせていただけます。任期中にできるだけ多くの方からたくさん学んで、自分が将来何をするべきか探したいと思っています。

 

——観光親善大使の経験が、矢部さんにとって実り多いものになるといいですね。最後に新潟市のおすすめスポットを教えてください。

矢部さん:私は自然が大好きなので、新潟市の自然を楽しんでいただきたいです。特に北方文化博物館の藤棚が魅力的です。また、四季を通した田んぼの風景に注目してみるのも面白いです。田植えしたばかりの田んぼと青空とか、黄金色に実った稲穂と夕焼けとか。気温や匂いも含めて五感で新潟の四季を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

公益財団法人 新潟観光コンベンション協会

新潟市中央区西堀前通6番町894-1 西堀六番館ビル4F

025-223-8181

8:30-17:15

土日曜、祝日休

※掲載から期間が空いた店舗は移転、閉店している場合があります。ご了承ください。

アフィリエイト広告

  • 部屋と人
  • She
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。


TOP