Things

本場で認められたピザ職人が腕をふるう「PIZZERIA IL AFFETTO」。

新潟駅南口から徒歩5分。けやき通りから少し奥まったところにある「PIZZERIA IL AFFETTO(ピッツェリア イルアフェット)」は、新潟でも数少ない「日本ナポリピッツァ職人協会」に認定されたピザ職人が作る釜焼きピザが人気のお店です。今回はオーナーの永井さんに、お店をはじめた頃のことなどいろいろとお話を聞いてきました。

 

 

PIZZERIA IL AFFETTO

永井 勝志 Masashi Nagai

1978年新潟市生まれ。26歳のときに飲食の仕事をはじめ、海鮮居酒屋などで働く。2013年「PIZZERIA IL AFFETTO」をオープン。

 

ゼロから土壌を作り、世界でも通用するピザ職人がいる店へ。

——まずは永井さんが「PIZZERIA IL AFFETTO」をはじめるまでのことを教えてください。

永井さん:僕が飲食の仕事に就いたのは26歳のときで、それまでは海外に行ったり気ままに過ごしていました(笑)。海鮮居酒屋などで経験を積んで、この店をはじめたのは2013年です。

 

——どうしてイタリアンのお店にしようと思ったんですか?

永井さん:独立した頃、新潟でいろいろな「専門店」が増えはじめていたんです。自分のお店をやるんだったら「『料理はライブ』っていうコンセプトの店にしよう」と思っていたので、「専門店でライブ感があるジャンルって何があるだろう」と考えて、本格的なピザが楽しめるお店を考えました。

 

 

——「料理はライブ」、なんだかワクワクする響きですね。

永井さん:飲食の仕事はしていましたけどイタリアンは未経験だったので、最初は県外の有名店に「勉強させてほしい」とお願いに行ったんです。でも断られてしまって、独学で勉強をはじめました。「ゼロからイチをつくる」感覚でしたね。

 

——ご苦労されたんですね。

永井さん:有名店で勉強することはできませんでしたけど、そこで「Associazione Pizzaiuoli Napoletani(APN)」という、「ナポリピザの職人であるという証」があることを教えてもらったんです。それから「APN」を目指して5年間頑張りました。

 

師がいないから、お皿から学ぶ。大きくて軽い、本格ピザの秘密。

——ピザについても教えてください。どんなところにこだわりが?

永井さん:ピザ生地は発酵ものなので、時間が経つにつれ焼き上がりが微妙になってしまうんです。なので、うちはランチとディナーそれぞれに時間を定めて、ベストの焼き上がりになるように仕込みをしています。26度を目安に常温にした上で、ピザ窯で約1分焼く。そうするとプクっと膨らんだ、軽くてもちもちしたピザができあがります。

 

——それでこんな見事な断面になるんですね。

永井さん:同業さんからは「小さいピザにしたらどう?」と言われたこともありましたけど、ナポリ流の大きくて軽いピザにずっとこだわってきました。最初は生地が詰まって重くなることもありましたね。ピザのミミばかりを残されたこともありました。僕たちは師匠がいない分、お皿の中から学んできたんです。

 

 

——やっぱりピザを注文する方が多いんでしょうか。

永井さん:そうですね。ほとんどのお客さまがピザを頼まれます。ピザも含めてメニューは多い方だと思いますよ。パテ・ド・カンパーニュ、アクアパッツァ、サルシッチャなどのおつまみも人気です。イタリアンワインを70本くらい揃えているので、お料理と一緒にお酒もゆっくりと召し上がっていただけます。飲食店なので「美味いは当たり前」ですから、それ以上のもの、例えばこの空間や店の中での出会いも楽しんでもらいたいですね。

 

隠れ家のようなお店だけど、気軽にどうぞ。

——来年は10周年を迎えるそうですね。

永井さん:「やっと経営的にも一段落しそうだ」と思った矢先にコロナ禍となったんですよ。「何かよくないことをしたかな」と思うくらい客足が遠のいて。でもそれが自分を改めるきっかけにもなりました。「ここは反省すべきだったな」というところが自分に返ってきたようにも思えましたね。

 

 

——今までを振り返ってみて思うことはありますか?

永井さん:「これまでの10年は全力を尽くした」と思っています。先が分からず、いつもドキドキしていたなぁ。最初の何年かは「早く自信と慣れが欲しい」って思っていました。店をはじめた頃、業者さんに「ピザ釜は、この角度で大丈夫?」って聞かれても分からなかったことをよく覚えています。でも業者さんがちゃんと教えてくれました。いろいろな人から応援されてきたという実感はありますね。本当にありがたいです。

 

——最後に、これからチャレンジしたいことがあれば教えてください。

永井さん:小さいお店ですけど、少しでも多くの人に知って欲しいかな。ちょっと分かりにくい場所にあるし、「入りにくい」と思われるお店かもしれないですけど、気軽にお越しいただきたいですね。コロナ禍という難しい状況になってしまって、何か新しいことをやることがこのお店と従業員を守ることになると思っているんです。「チームみんなが満足できる環境づくりは何か」を常に考え続ける。それが僕のやるべきことだと思っています。

 

 

 

PIZZERIA IL AFFETTO

新潟市中央区笹口2-10-1

TEL:025-247-7039

※掲載から期間が空いた店舗は移転、閉店している場合があります。ご了承ください。

アフィリエイト広告

  • 部屋と人
  • She
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。


TOP