Things

ユニークなメニューが揃うラーメン酒場「元祖 金太郎ラーメン」。

上古町の路地にある「元祖 金太郎ラーメン」は、ただのラーメン店ではありません。お酒も楽しめる“ラーメン酒場”なんです。メニューには「塩レモンらーめん」「ミミガー」「トリチャーシュー」など、ユニークなものが揃っています。しかも店主の本間さんは元プロボクサーだったとか。今回はそんな本間さんに、お店を始めるまでの経歴やおすすめのメニューを聞いてきました。

 

 

元祖 金太郎ラーメン

本間 勝 Masaru Honma

1960年新潟市西蒲区(旧巻町)生まれ。東京の靴屋で働いているときにボクシングジムへ入会、プロボクサーになる。洋食店でアルバイトを始めたのをきっかけに、プロボクサーを引退し料理の道へ。1984年に新潟へ戻って何軒ものラーメン店で修行を積み、2017年に「元祖 金太郎ラーメン」をオープン。趣味は温泉めぐり。

 

プロボクサーがラーメン酒場の主人になるまで。

——本間さんは元プロボクサーだったって本当ですか?

本間さん:そうそう。当時勤めていた東京の靴屋の近所にボクシングジムがあったんですよ。自分と同い歳くらいの子達がトレーニングしているのを見て、ここに入れば仲間ができるんじゃないかと思って入会したんです。そのうちコーチからプロになることを勧められてプロボクサーになりました。

 

——プロボクサーだと減量がキツそうですよね。

本間さん:そうですね。最初は普通に食べて体力をつけるんですよ。試合の3週間前から一気に体重を落とすんだけど、これが大変なんですよね。夏でも雨ガッパ着たままトレーニングして汗を搾り出したりして……。そういう意味ではボクサーって2度戦うんですよ。自分との戦いと、相手との戦いと。自分に勝てなければ相手にも勝てないってことです。

 

——やっぱり大変なんですね……。でも、どうして料理の道に進むことになったんですか?

本間さん:ジムの近所に洋食屋があって、よく食事に行ってたんです。ある日洋食屋のオーナーから「うちで働いてみないか?」って誘われたんですよ。そのときはボクシングを続けたかったので断ったんですが、あんまり熱心に誘われたから、ボクサーをやりながらアルバイトすることにしたんです。でも料理の仕事をやっているうちに、だんだん料理の魅力にハマっていきました。

 

 

——料理の仕事が向いていたんですね。ラーメン作りはいつ覚えたんですか?

本間さん:家庭の事情で新潟に戻ってきてからです。燕の有名な背脂中華そばの店をはじめ、味噌ラーメンのチェーン店や九州ラーメンのチェーン店で修行しました。

 

——いろんなジャンルのラーメンを作ってきたんですね。ところで店名の「金太郎ラーメン」っていう名前って、どこかで聞いた覚えがあるような……。

本間さん:以前古町8番町にあったお店なんです。私もそのお店で働いていたんですけど、オーナーが体を壊して店を続けられなくなったので閉めることになったんですよ。そのときに、もし独立して店をやるようなら「金太郎ラーメン」の名前を使ってもいいっていわれて、店名を引き継いだんです。

 

——どうして「元祖」ってついているんですか?

本間さん:2017年に店をオープンしたんですけど、前の「金太郎ラーメン」を閉めてから時間が経っていたので、他にも「金太郎ラーメン」という名前の店があるかもしれないと思って、同じ名前にならないよう頭に「元祖」をつけたんです(笑)

 

ラーメン酒場のおすすめは、ミミガーと塩レモンラーメン。

——「元祖 金太郎ラーメン」ってどんなお店なんですか?

本間さん:言ってみれば、ラーメン屋でもあるし、酒場でもある店かな。お通しは出さないから居酒屋じゃなくて酒場。お酒を飲みにきて、〆にラーメンを食べていくお客さんが多いですね。

 

——一品メニューを見ると、しっかりした料理が多いですね。

本間さん:そうですかね。今までやってきた洋食とか中華料理とかの経験が生かせているのかもしれないですね。自分が作った料理を喜んでもらえて、SNSで紹介してもらえたりすると嬉しいです。

 

——じゃあ、おすすめメニューを教えてください。

本間さん:ちょっと珍しいものだと「ミミガー」かな。豚の耳をチャーシューみたいに煮込んだ料理です。「トリチャーシュー」は鶏肉を醤油で煮込んで寝かせ、ピリ辛のタレをかけたもので「よだれ鶏」みたいに美味しくて人気ですね。

 

 

——たしかにちょっと珍しい料理ですね(笑)。それじゃ、ラーメンのおすすめも教えてください。

本間さん:今の季節のおすすめは「塩レモンラーメン」ですかね。丸鷄、モミジ、豚ゲンコツ、煮干し、野菜を煮込んだダシに塩ダレを合わせたスープはコクがあります。そこにチャーシュー、メンマ、キクラゲ、ネギ、干しエビ、ゴマがトッピングしてあります。一番の特徴はスライスレモンのトッピング。酸味が効いて暑い季節でもさっぱり食べることができるし、飲んだ後の〆にもぴったりのラーメンなんですよ。

 

 

——かなり攻めているラーメンですね(笑)

本間さん:提供し始めた頃はバカにされていたんだけど、地方局のテレビ番組で紹介されてからは人気が出ましたね(笑)

 

——テレビの力って大きいですね(笑)。ところで本間さんがラーメンを作るときにこだわっているのはどんなことですか?

本間さん:スープの加減です。鍋の様子を見ながらスープを継ぎ足して、スープがに煮詰まらないように気をつけていますね。

 

新しい店を、今まで以上に喜んでもらえる店に。

——最近移転されたんですよね。

本間さん:前に入っていたビルが老朽化で立ち退くことになったんですよ。幸いすぐ近くに空き物件があったので、今までのお客さんに迷惑かけずに済みました。これからも今まで以上に喜んでもらえるよう頑張っていきたいですね。

 

——それでは最後に、今後やってみたいことを教えてください。

本間さん:今後はオードブルや宴会料理にも力を入れていきたいですね。テイクアウトメニューもやっているんだけど、あんまり注文がないんですよ……。おうちでお酒を楽しみたい方はぜひご利用ください(笑)

 

 

プロボクサーから料理の道に進み、ラーメン酒場「元祖金太郎ラーメン」の店主になった本間さん。そのお店は飾りっ気がなくて素朴なんですが、ユニークなラーメンや料理が揃っている、本間さんの人柄そのもののような楽しいお店だと感じました。これからの暑い季節、さっぱり食べられる塩レモンラーメンはいかがでしょうか?

 

 

元祖 金太郎ラーメン

新潟県新潟市中央区古町通647-1

025-367-9485

11:30-14:00/18:00-26:00

月曜休

 

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP