Things

ギターを弾く楽しさを知ってほしい。「ギター教室moimoi」の山倉さん。

こだわりのコーヒーで有名な「KONA SNOW Coffee(コナスノーコーヒー)」が、今年2月に「珈琲豆 山倉」へと名前を改めました。そこで働いているコーヒーソムリエの山倉さんは、実は東京で音楽活動をしてきたギタリスト。「珈琲豆 山倉」の傍ら「ギター教室moimoi(モイモイ)」でギターを教えています。今回は山倉さんのギター人生を聞いてきました。

 

 

ギター教室moimoi

山倉 勇太 Yuta Yamakura

1983年新潟市江南区生まれ。新潟市の音楽系専門学校を卒業後、非常勤講師をしながらバンド活動を続ける。あるレーベルのオムニバスCDに参加したことがきっかけとなり2009年に上京し、バンドやギタリストとして活動する。新潟に戻ってからは、父親が営む「珈琲豆 山倉」で働きながら2020年より「ギター教室moimoi」をスタート。最近は観葉植物にハマっている。

 

東京でギタリストとして音楽活動。

——まさかカフェの2階にギター教室があるとは思いませんでした。ずいぶんいろいろなギターがありますけど、山倉さんはどんなギターからはじめたんですか?

山倉さん:中学1年生のとき、友達の家にアコースティックギターがあったんですよ。友達に教わりながら遊びで弾いてみたら結構弾くことができたので、自分でもギターをやってみたくなったんです。父がバースデープレゼントに新しいエレキギターを買ってくれたから、それを使って独学で覚えましたね。本格的に勉強したのは、高校を卒業して新潟にある音楽系専門学校に入ってからです。

 

 

——専門学校を卒業してからは、音楽の仕事をはじめたんですか?

山倉さん:高校の選択授業で音楽の非常勤講師をやりながら、バンド活動を続けていました。ある日、地元ラジオ番組の公開収録に憧れていたアーティストが出演したんです。バンドのメンバーが出待ちをして、自分たちのCDを渡したら、ちゃんと聴いてくれたみたいで後日連絡がきたんですよ。

 

——おお、それはすごい!

山倉さん:それで、そのアーティストが運営するレーベルのオムニバスCDに「参加してみないか」って誘っていただいたんです。それをきっかけに、バンドのみんなと上京して音楽活動をする決意を固めました。不安よりもチャンスに近づけるという期待の方が大きかったですね。

 

 

——東京での音楽活動はいかがでしたか?

山倉さん:メンバーが変わりながらもバンドを続けて、他のアーティストのCDやツアーにギタリストとして参加させてもらいました。とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

ギターにもコーヒーにも正解はない?

——新潟に帰ってからは、どんな生活を?

山倉さん:父が「珈琲豆山倉」という、コーヒー豆の焙煎所兼カフェをやっているので、その手伝いをしながら「ギター教室moimoi」をはじめました。

 

——あれ? ここって「KONA SNOW Coffee」でしたよね?

山倉さん:コーヒー豆に力を入れたかったので、それをもっと前面に出すために、今年の2月から名前を「珈琲豆山倉」に変えたんです。

 

——あ、そうだったんですね。じゃあ、山倉さんもコーヒーのお仕事を?

山倉さん:父からコーヒーについて教わりながら、コーヒーソムリエの資格まで取りました。店ではバリスタをやったり、メニューを考えたり、コーヒー豆の選別から販売までいろんな業務に関わっています。

 

 

——コーヒーに強いこだわりがあるようですけど、おすすめの飲み方ってあるんでしょうか?

山倉さん:飲んだお客様が「美味しい」って思えるのが一番ですので、自分好みの一杯を見つけて気軽に味わってほしいですね。ギターにもコーヒーにも正解はないと思っています。

 

——ギターにも正解はないんですね? 山倉さんの教室では、どんなふうにギターを教えているんでしょうか?

山倉さん:基礎をみっちり練習しなければダメというわけでもなくて、生徒さんがやりたいことしかやらない教室です。例えば、弾きたい曲があるんだったら、その曲が弾けるようになるように教えます。とにかくギターを弾く楽しさを知ってほしいんですよ。

 

——まずは好きになることが大切ってことですね。

山倉さん:そうです。だから弾きたくないときは、無理に練習しないでほしいんです。弾きたいと思ったときだけ弾いてほしいんですよ。それが上達への近道だと思っています。

 

 

——楽しみながら練習した方が上達しやすいんですね。ちなみに、教室にはどんな人が教わりに来るんですか?

山倉さん:小学1年生から70歳の方まで、様々です。親子や夫婦で来る人もいました。先生との相性もあると思うので、まずは毎月の「無料体験レッスン」を試してみてほしいですね。近所の兄ちゃんに教わるような気持ちで、気軽に来てもらえたら嬉しいです。

 

——敷居が低い感じがすると、初心者には特にありがたいですね。

山倉さん:ギターって突き詰めれば奥が深いけど、決して難しくない、とっつきやすい楽器だと思うんですよ。だから少しでも「やってみたい」と思ったらアクションを起こしてほしいです。音楽もコーヒーと同じように正解なんてないと思うし、上手い下手だけで語っちゃうと音楽は全然楽しくなくなりますよね。

 

——楽しむことって大事なんですね。最後に、これからやってみたいことってあります?

山倉さん:ギター教室の他にコーヒー豆が買えて、洋服、観葉植物、ヴィンテージギターといった自分の好きなものだけ扱っているショップを、いつかはじめられたらいいなって思っています。あとギタリストとして、またバンド活動を再開したいですね。

 

 

 

ギター教室moimoi

新潟市江南区西山520 珈琲豆山倉2F

080-6522-8418

※掲載から期間が空いた店舗は移転、閉店している場合があります。ご了承ください。

アフィリエイト広告

  • 部屋と人
  • She
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。


TOP