Things

ガンジー牛乳の魅力を発信する「加勢牧場わしま本店」。

新潟県内で唯一ガンジー牛を飼育している加勢牧場。

みなさんはガンジー牛乳を飲んだことはありますか? もしかしたら、ガンジー牛乳を飲んだことはなくても、ガンジー牛乳で作ったソフトクリームを食べたことがある人はいるかもしれません。日本全国でたった200頭しか飼育されていないガンジー牛を、新潟県内で唯一飼育しているのが長岡市にある「加勢牧場」です。その加勢牧場の牛乳やソフトクリームを販売している直販店が今回ご紹介する「加勢牧場わしま本店」。専務の加勢さんと「わしま本店」店長の樋口さんに、牧場やお店についてのお話を聞いてきました。

 

 

加勢牧場

加勢 健吾 Kengo Kase

1984年長岡市生まれ。加勢牧場専務。大学卒業後は会社員を経て加勢牧場に就職。いろいろな店でジェラート職人としての修行を積む。高校、大学時代はレスリングをやっていた。

 

加勢牧場わしま本店

樋口 幸生 Yukio Higychi

1973年新潟市秋葉区生まれ。加勢牧場わしま本店店長。学生時代から飲食店でアルバイトをし、その後長岡市のイタリアンレストランで主にパティシエやソムリエとして働く。現在、加勢牧場に就職し商品開発を担当する。

 

加勢牧場のガンジー牛乳を発信するアンテナショップ。

——今日はよろしくお願いします。とても綺麗なお店ですね。オープンしたばかりなんですか?

樋口さん:2018年10月にオープンしました。以前、7〜8年前に長岡市で加勢牧場のジェラートショップをやっていたんですけど、材料になる牛乳の生産が追いつかなくて一度閉店したんです。それからは地元の道の駅で牛乳やジェラートを販売していました。その後、有名百貨店の高島屋さんからお声がけいただいて、ガンジー牛乳を共同開発することになって。ゆくゆくはその牛乳を日本一のブランド牛乳にしたいという夢があるので、まずは地元の和島で牛乳を発信できる場所を作ろうということで、店をオープンしました。これからは、東京の「下落合店」、新潟伊勢丹の「新潟伊勢丹店」をオープンさせて、今後も多店舗展開していく予定です。

 

——加勢牧場のガンジー牛乳を各地にどんどん広めていくんですね。お店ではどんな商品が買えるんですか?

樋口さん:まずは加勢牧場のガンジー牛から搾ったガンジー牛乳。搾りたてを自社工房で殺菌した新鮮な牛乳です。あとガンジー牛乳を使って作ったソフトクリーム。ガンジー牛乳に甜菜糖(てんさいとう)を加えて低温殺菌しただけのシンプルなものですので、素材になったガンジー牛乳の美味しさを味わっていただけます。その他、ジェラート、ケーキ、焼き菓子、もつ煮込みも販売しています。

 

——も、もつ煮込み?牛肉のもつですか?

樋口さん:いえ、新潟県産の豚もつなんです(笑)。そのもつを使って長岡味噌と隠し味のガンジー牛乳で煮込んだ、濃厚なコクと旨味のもつ煮込みです。パウチしてありますので、ご自宅で温めてお召し上がりいただけます。

 

ガンジー牛が加勢牧場にやって来るまで。

——加勢牧場はいつ頃からある牧場なんでしょうか?

樋口さん:牧場については専務の加勢からお聞きください。

 

加勢さん:よろしくお願いします。牧場は昭和47年に私の父・加勢勉(かせつとむ)が創業しました。父は高校時代に北海道の酪農家の元で研修したことがきっかけで、酪農家に強い憧れを抱いたそうです。牧場を始めると言い出した父に対して、父の両親は大反対したそうですが、なんとか説得して牧場を始めることになったんです。

 

——でも高校を出たばかりの青年がいきなり牧場なんて経営できるんでしょうか?

加勢さん:地元で牧場をやっていた人たちが協力してくれたそうです。牧場をやる人間もどんどん減ってきていたので、若者が参入してきたことが嬉しかったんじゃないでしょうか。とりあえずホルスタイン種の子牛を1頭飼育することから始めたそうです。

 

——最初はホルスタインだったんですね。どうしてガンジー牛の飼育を始めたんですか?

加勢さん:平成7年には60頭のホルスタイン種を飼育していたんですが、早朝から深夜まで休みなく働く生活が続いて、父は体力の限界を感じ始めたんですね。そこで、仕事量を減らして収入を維持するためにはどうしたらいいのか考えたそうです。それで考えついたのが、付加価値が高くて質のいい牛乳を作って売るっていうことでした。そのために全国からいろんな牛乳を取り寄せて飲み比べ、どの牛乳よりもすっきりして飲みやすいのにコクがあるガンジー牛乳と出会ったんです。

 

——なるほど。でもガンジー牛はどうやって手に入れたんですか?

加勢さん:いろんな牧場に譲ってもらえるようお願いしました。でもどこからも断られたそうです。諦めかけていたときに、群馬県の「伊香保グリーン牧場」で観光用のガンジー牛が飼育されているということを知って、何度も足を運んで譲ってほしいとお願いしたそうです。その熱意に打たれたのか、「次回の出産でメスが生まれたら譲ってくれる」っていう約束をもらって。それで10ヶ月後に念願だったガンジー牛のメスを迎えることができたんです。そのガンジー牛のメスは「みちる」と名付けられて、現在飼育されているガンジー牛はみんな「みちる」の子や孫たちなんです。

 

そもそもガンジー牛ってどんな牛?

——ガンジー牛っていうのはどんな牛なんでしょうか?

加勢さん:イギリスとフランスの間にある英仏海峡に浮かぶガンジー島原産の乳牛なんです。フランスの「ブルトン種」「ノルマン種」を元に改良されたもので、黄土色の毛色で白いまだら模様があります。ほとんどのガンジー種は額に白い星があるのが特徴です。

 

——見た目がとても綺麗な牛ですね。どんな性格をしているんでしょうか?

加勢さん:性格は温厚で環境適応能力がとても高いんです。ですからアメリカの探検家が南極探検に連れて行って、基地で牛乳生産を行ったっていう話もあるほどなんですよ。

 

——南極基地でも暮らせる牛なんですね(笑)。1頭からどれくらいの牛乳が搾れるんですか?

加勢さん:個体差もあるんですけど、1頭あたり年間で4,000kgの牛乳を搾ることができます。日本には明治末期に輸入されたものの、現在日本国内で100〜200頭しか飼育されていない希少な乳牛なんですよ。

 

ガンジー牛を使ってお客様に楽しんでいただける商品を。

——今後、お店でやってみたいことってありますか?

樋口さん:私は商品開発を担当してますので、ガンジー牛を使ってどんなことができるのか毎日のように考えています。今後もお客様に楽しんでいただけるように、いろいろなことを考えていきたいですね。

 

 

全国でも200頭ほどしかいないガンジー牛を、新潟県内で唯一飼育している「加勢牧場」。そのガンジー牛乳を全国に広めるため、牛乳はもちろん、ソフトクリームや洋菓子を販売する直販店を展開しています。今回お邪魔した「わしま本店」は、ミルククラウンモチーフのロゴを使った時計や鏡などが飾られた、お洒落な空間でした。牛乳好きはもちろん、クリームをふんだんに使ったスイーツを食べたい人はぜひ訪ねてみてください。

 

 

加勢牧場わしま本店

〒949-4502 新潟県長岡市黒板615 いやしの郷内

0256-78-8866

10:00-18:00

火曜休

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP