Things

fashion snap

Fashion Snap 服と人。#15 竹内寿明

みんながいつも身につけている「服」。服は日常生活の当たり前の存在であると同時に、自分を表現する存在のひとつでもあります。新シリーズ『服と人。』は、新潟の街を舞台に、そこで生活する人たちのファッションと洋服にフォーカス(隔週水曜日更新予定)。 第15回に登場してくれるのは、小学校で教員をされている竹内寿明さんです。

 

企画/プロデュース・北澤凌|Ryo Kitazawa
ロケーション・新潟市

Brand:
jacket – YAB-YUM
sweater – YAB-YUM
shirt – YAB-YUM
pants – AURALEE
shoes – Paraboot MICHAEL

 

 


Please tell us about your fashion:

 

Toshiaki Takeuchi

 

Q.ファッションは好きですか? – T.T.小学生のときからずっと好きです。/Q.きっかけは? – T.T.4つ上の姉から影響を受けたんだと思います。特別オシャレなわけではなかったんですけど、当時小学生だったぼくにはオシャレをする姉がとてもカッコよく見えて、それに憧れて自分でも服を選ぶようになりました。/Q.その後、学生時代はどのような服装を? – T.T.古着はもちろん、民族衣装みたいな服も着たりしていましたね。昔から何においても「人と違うかどうか」をすごく大切にしていたので、他の人とは被らないような服を選ぶことが多かったです。いまのスタイルになったのは、大学のときに通っていたセレクトショップのオーナーさんがきっかけで、デザインで服の奇抜さをみせる面白さを教えてくれました。/Q.持っているアイテムのなかでお気に入りのものはありますか? – T.T.いま着ているこのジャケットですかね。さっき話したセレクトショップで買ったもので、さりげないデザインのカッコよさに惹かれました。基本的には茶系とか、ネイビーのように落ち着いた色のアイテムをワントーンで組むのが好きで、このアイテムはとくにささりましたね。/Q.竹内さんにとって服はどんな存在ですか? – T.T.ワクワクさせてくれる存在ですね。「着心地がよければなんでもいいんじゃない?」って思ったこともあるんですけど、ひと目で人との違いがわかる服は僕自身に特別感を与えてくれるんです。/Q.服を好きになってよかったこと、悪かったことは? – T.T.よかったことは人の変化によく気がつくことです。学校でも同僚や子どもの髪型や服装が変わっているとすぐにわかりますし、本人に言うと喜んでもらえることが多いんですよね。それも人の着ているものとかを昔からよく見ていたからなのかなと思います。逆に悪かったことは、人の服装が目についちゃって「それってどうなの?」みたいなことを言ってしまうことですかね。奥さんに言ったらすごく険悪になっちゃったことがあります(笑)。自分の価値観を持つことは大事だと思うけど、押しつけはよくないと反省しました。そういうところは本当に気をつけなきゃいけないと思います……。

  • She
  • Things×セキスイハイム 住宅のプロが教える、ゼロからはじめる家づくり。
  • 僕らの工場
  • 僕らのソウルフード


TOP